趣味のカメラ

NHK教育テレビの趣味悠々でもテーマになっていましたが、最近はフィルムを使ったアナログな写真はなりを潜め、デジカメによるデジタル写真が全盛です。

NHK教育テレビの趣味悠々でも、ほとんどのデジカメが、カメラの知識もなく、ボタン一つで操作できるようになっていますので、初心者がカメラを持つ機会が非常に増えてきていると思います。

これは、NHK教育テレビの趣味悠々と同様に、一昔前の使い捨てカメラのブームと似ている現象ではないでしょうか。

コンビニでボタン一つで取れるカメラが市場を独占していたように、趣味悠々としていて、今後はデジタルカメラがそれに取って代わるでしょう。

NHK教育テレビの趣味悠々でもやっていましたが、このような全て全自動で楽ができる状況ができてくると、必ずその反対のマニア志向が強くなる傾向もあります。

そうした背景の中、NHK教育テレビの趣味悠々では、最近は全自動で取れるデジカメが売れる反面、マニュアルのカメラが非常に人気が出てきていると聞きます。

この現象は、例えば車のオートマが全盛の時に、趣味悠々とマニュアルの車をあえて選択する気分と似ているのではないでしょうか。

NHK教育テレビの趣味悠々の話題にもなっているくらいですから、自分が好きなものにはこだわりを持ちたいという人達は、いつの時代にもいるものです。

しかし、少しこだわりを持つことで、自分が撮る写真が一段上になると思いますので、趣味悠々と道具にもこだわることが大事だと思います。"

芸術の秋

NHK教育テレビの趣味悠々でも、「食欲の秋」が話題になっていました。NHK教育テレビの趣味悠々では、他にも「芸術の秋」というのがあります。

別にNHK教育テレビの趣味悠々の秋じゃなくても芸術を楽しむことはできるのですけどね。

NHK教育テレビの趣味悠々によれば、芸術とは、人の心の中にあるもので、世間の評判がどうだとか、有名人が撮影や描写したからどうだということではないはずです。

見る人により、心に響く感情はそれぞれです。

NHK教育テレビの趣味悠々でも、自分の感性にあうもの、それこそが本当の芸術を楽しむことになるのです。

以前、NHK教育テレビの趣味悠々で名もない人の展覧会を見たときに、妙に涙がでてきた作品がありました。

別に悲しい作品ではないはずなのみ、なぜか涙が止まりませんでした。

NHK教育テレビの趣味悠々を見た当時は、なぜ涙がでるのかわかりませんでした。

単なる風景画だったのですが、その風景画を見ていると涙が沸いてきて、瞼が暑くなり鼻がツーンとしてきました。

今考えると、NHK教育テレビの趣味悠々で見た風景こそが、自分が子供の頃に親と散歩中に見た風景だったのだと気づきました。

たぶん、懐かしさで胸が熱くなり涙がでてきたのでしょう。

NHK教育テレビの趣味悠々を見て、心の中、潜在的な記憶に体が反応した、そう考えるのが自然なのでしょう。

人によって感動するものは違います。

NHK教育テレビの趣味悠々でもいっていましたが、芸術とは、金額による評価ではなく、自分の感情に対する評価だと思えるのです。

絵画を鑑賞

NHK教育テレビの趣味悠々で「アート入門」があります。

教育テレビの趣味悠々でも、この言葉を聞くと、「絵画」と連想してしまいます。

私は、絵画を鑑賞するのも、書くのも全然ダメです。

中学の美術の時間に仕方なく描いて以来、学生の時には教科書へ落書きしたくらいです。

教育テレビの趣味悠々のよると、世の中には私と違って、スゴいことを平気でやってしまう人達がいます。

教育テレビの趣味悠々で見たのですが、この人は、水平に置かれたガラスの上に砂を撒いて、手だけで絵を描いていきます。

ガラスは下から、幻想的な照明が当てられ、ムービーは、アニメーションのように次々と絵が描かれるようすが進んでいきます。

一方、教育テレビの趣味悠々で、クレヨンだけで、ここまで書いてしまう方がいます。

クレヨンは小学校以来、子供に買って上げるまで触ったこともありませんでした。

教育テレビの趣味悠々で、こう言う作品を見ると、子供のクレヨン借りて、何か書いてみたい衝動にかられ
ますが、イザやってみると、ひどい出来にショックを受けたりします。

私には絵画の才能はないのでしょうかと思う人にも、教育テレビの趣味悠々はおすすめです。

芸術の秋と無関係な私ですが、一度教育テレビの趣味悠々を見てやってみたいと思います。

カメラの趣味

NHK教育テレビの趣味悠々で、一眼レフカメラが取り上げられていました。

それには広角・標準・望遠・マクロレンズなどのレンズの違いによって、様々な描写をすることが出来ます。

NHK教育テレビの趣味悠々でいう広角レンズは、広がりのある空間を描写できます。

NHK教育テレビの趣味悠々によると、近いものから遠くまで全てにピントのあった遠近あるシャープな写真を撮ることが出来ます。

このように全てにピントが合っている写真を写真用語では、「パンフォーカス」といいます。

逆に望遠レンズは、遠くにある風景を自分の近くへ引き寄せて写すことが出来ます。

大きなボケを作って被写体を部分的に目立たせるときにも使われるレンズです。

人物に焦点をあてて、余計なバックをぼかしたいときに、NHK教育テレビの趣味悠々でも、この望遠レンズを使います。

NHK教育テレビの趣味悠々で、マクロレンズは、花や虫など、小さなものに接近して撮影したいときに用います。

また、今は手ブレ補正レンズといってレンズ自体で手ブレを防いでくれるものもあるので、NHK教育テレビの趣味悠々で撮りたい被写体や、イメージによってレンズを使い分けるといいですね。

NHK教育テレビの趣味悠々でもデジカメが主体の現代ですが、趣きのある写真は心を和ませることも出来ます。

何でも便利になった今こそ、一眼レフカメラの醍醐味を知って、ぶらりと心を癒す旅に出かけて、趣味のカメラを悠々と満喫してみてはいかがでしょうか?

複製画で楽しむ美術

NHK教育テレビの趣味悠々で、複製画で楽しむ美術の世界があります。

現在、日本各地の美術館・博物館・デパートの催事場などで、さまざまな展覧会が、1年を通して開催されているのをご存知ですか。

NHK教育テレビの趣味悠々でも、洋画・日本画・陶磁器・書道などから、いけばな・手芸・ファッションまで、展覧会のテーマもいろいろですが、それぞれの分野にファンがいて、多くの展覧会では入場するのに何時間も待つほどの盛況になっているのです。

特に、NHK教育テレビの趣味悠々によると、洋画の展覧会に関しては、世界中のあらゆる美術館・コレクターが持つ名作絵画が、毎年毎年やってきて各都市を巡回してくれるのです。
子どもの頃に美術の教科書でしか見たことの無かった名画の数々を、自宅から数時間電車に揺られて出かけていくだけで、目の前数十センチの距離で堪能できるなんて、自分の趣味を悠々できて、日本も豊かな国になったものだとつくづく感心してしまいます。

さらにそんな楽しみを増幅してくれるのが、NHK教育テレビの趣味悠々でも、複製技術の進歩です。

コンピューター技術がどんどん進んできているので、一昔前の複製画とは格段の違いの、非常に良くできた複製画が比較的安価(数万円〜上はいろいろあります。)に手に入るので、電車に揺られる事さえなく、自宅で世界の名画が趣味悠々と楽しめます。

日本人が大好きな印象派のモネ・ルノアール・ゴッホや、現代作家ならピカソ・シャガールまで、本物と見まごうばかりの迫力で自宅で楽しめるとは、NHK教育テレビの趣味悠々を見ている美術愛好家にとっては、本当にいい時代になったと思います。

また、現在、抽象画の代表と言われているダリですが、彼は最初から抽象画だったわけではありません。

NHK教育テレビの趣味悠々だと、最初は印象派のタッチが見られるところもありました。

ダリは無意識の世界を表現しようとした画家らしく、自分が小さい頃の夢を結構見たそうです。

ダリは趣味悠々として、絵画の方法を「偏執狂的批判的方法」と称し、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使してデペイズマン的な夢のような超現実の世界を描きました。

現在ダリの作品を数多く所有しているのは諸橋近代美術館、スペイン・フィゲラス(Figueres)のダリ劇場美術館、アメリカ・フロリダ州セントピーターズバーグのダリ美術館です。

NHK教育テレビの趣味悠々でも紹介されていました。

私の中で最も有名なダリの作品は1931年に書いた記憶の固執です。
これは学校の教科書にも乗っており今でも記憶に残っています。