複製画で楽しむ美術

NHK教育テレビの趣味悠々で、複製画で楽しむ美術の世界があります。

現在、日本各地の美術館・博物館・デパートの催事場などで、さまざまな展覧会が、1年を通して開催されているのをご存知ですか。

NHK教育テレビの趣味悠々でも、洋画・日本画・陶磁器・書道などから、いけばな・手芸・ファッションまで、展覧会のテーマもいろいろですが、それぞれの分野にファンがいて、多くの展覧会では入場するのに何時間も待つほどの盛況になっているのです。

特に、NHK教育テレビの趣味悠々によると、洋画の展覧会に関しては、世界中のあらゆる美術館・コレクターが持つ名作絵画が、毎年毎年やってきて各都市を巡回してくれるのです。
子どもの頃に美術の教科書でしか見たことの無かった名画の数々を、自宅から数時間電車に揺られて出かけていくだけで、目の前数十センチの距離で堪能できるなんて、自分の趣味を悠々できて、日本も豊かな国になったものだとつくづく感心してしまいます。

さらにそんな楽しみを増幅してくれるのが、NHK教育テレビの趣味悠々でも、複製技術の進歩です。

コンピューター技術がどんどん進んできているので、一昔前の複製画とは格段の違いの、非常に良くできた複製画が比較的安価(数万円〜上はいろいろあります。)に手に入るので、電車に揺られる事さえなく、自宅で世界の名画が趣味悠々と楽しめます。

日本人が大好きな印象派のモネ・ルノアール・ゴッホや、現代作家ならピカソ・シャガールまで、本物と見まごうばかりの迫力で自宅で楽しめるとは、NHK教育テレビの趣味悠々を見ている美術愛好家にとっては、本当にいい時代になったと思います。

また、現在、抽象画の代表と言われているダリですが、彼は最初から抽象画だったわけではありません。

NHK教育テレビの趣味悠々だと、最初は印象派のタッチが見られるところもありました。

ダリは無意識の世界を表現しようとした画家らしく、自分が小さい頃の夢を結構見たそうです。

ダリは趣味悠々として、絵画の方法を「偏執狂的批判的方法」と称し、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使してデペイズマン的な夢のような超現実の世界を描きました。

現在ダリの作品を数多く所有しているのは諸橋近代美術館、スペイン・フィゲラス(Figueres)のダリ劇場美術館、アメリカ・フロリダ州セントピーターズバーグのダリ美術館です。

NHK教育テレビの趣味悠々でも紹介されていました。

私の中で最も有名なダリの作品は1931年に書いた記憶の固執です。
これは学校の教科書にも乗っており今でも記憶に残っています。