カメラの趣味

NHK教育テレビの趣味悠々で、一眼レフカメラが取り上げられていました。

それには広角・標準・望遠・マクロレンズなどのレンズの違いによって、様々な描写をすることが出来ます。

NHK教育テレビの趣味悠々でいう広角レンズは、広がりのある空間を描写できます。

NHK教育テレビの趣味悠々によると、近いものから遠くまで全てにピントのあった遠近あるシャープな写真を撮ることが出来ます。

このように全てにピントが合っている写真を写真用語では、「パンフォーカス」といいます。

逆に望遠レンズは、遠くにある風景を自分の近くへ引き寄せて写すことが出来ます。

大きなボケを作って被写体を部分的に目立たせるときにも使われるレンズです。

人物に焦点をあてて、余計なバックをぼかしたいときに、NHK教育テレビの趣味悠々でも、この望遠レンズを使います。

NHK教育テレビの趣味悠々で、マクロレンズは、花や虫など、小さなものに接近して撮影したいときに用います。

また、今は手ブレ補正レンズといってレンズ自体で手ブレを防いでくれるものもあるので、NHK教育テレビの趣味悠々で撮りたい被写体や、イメージによってレンズを使い分けるといいですね。

NHK教育テレビの趣味悠々でもデジカメが主体の現代ですが、趣きのある写真は心を和ませることも出来ます。

何でも便利になった今こそ、一眼レフカメラの醍醐味を知って、ぶらりと心を癒す旅に出かけて、趣味のカメラを悠々と満喫してみてはいかがでしょうか?